看護部

概要・特色

看護部長あいさつ

看護部長 高島 和代

当院は富山市の中心に位置し、急性期病棟・人工透析センター・健診センターを有し、働く人の健康と、地域医療を担ってきた長い歴史のある病院です。
看護部では、職員一人ひとりが、患者様やご家族との出会いを大切に、小規模病院だからこそ出来る多職種連携を取り、患者様の権利を守り患者様中心の安心・安全な看護が提供できるよう日々努力しております。また、多様な「働き方」ができる勤務形態の導入、有給休暇、育児休暇、介護休暇の取得などワークライフバランスに取り組み、仕事と家庭の両立ができる働きやすい職場づくりを目指しております。
今後も、院内外の研修の参加、資格取得などを目指し、質の高い看護が提供できるよう努力してまいります。

看護部の理念

かけがいのない生命と人間性を尊重し温かい看護をめざします。

看護部の方針

  1. 患者様一人ひとりを大切にした看護を実践します。
  2. 安全な医療・看護を提供します。
  3. 教育の充実をはかり、専門職として能力の向上に努めます。
  4. 個々のライフサイクルにあった働きやすい職場環境を作ります。

看護部の目標 2021年度

  1. 人材育成に努め、自己啓発・研鑽を推進する。
  2. 不二越病院の職員として、接遇の基本を守り、思いやりのある看護を提供する。
  3. 多職種と連携・協働し、安全で質の高い看護を提供する。

教育体制

  • 院内では、研修委員が中心となり、年間計画に沿ってe-ラーニングによる勉強会を開催しています。
  • 各種の資格を取得する事ができます。(管理者研修、認定看護師、NST専門療法士、透析看護指導看護師、透析技術認定士、消化器内視鏡技士など)
  • 看護研究においては、日頃の看護の中での疑問などに目を向け取り組んでいます。その成果を院内発表会や学会で発表し、看護の質向上を目指しています。

部署紹介

外来(手術室・中材含む)

師長 島 真知子

 外来は様々な勤務形態の看護師で構成されています。
育児休暇後の時短所得者・定年後の再雇用者・パートタイマー勤務者などそれぞれのライフサイクルに合わせた勤務ができる働きやすい職場です。内視鏡室では、消化器内視鏡技士の資格を取得し意欲を持って内視鏡業務に従事しています。私たち看護師は、外来部門全体が連携し、お互い協力し合い勤務しています。

2021年度 目標

  1. 新型コロナウイルスを始めとする、感染に対する予防対策を徹底し取り組む
  2. 安全に新型コロナウイルスワクチン接種ができるよう、マニュアルに沿い、外来全体で連携し取り組む
  3. 患者満足度調査や患者からの意見に耳を傾け、対応や接遇を改善していく

透析センター

師長 毛利 登美子

当センターでは、医師、臨床工学技士と連携し、安全・安心な医療を提供できるように日々努めています。
患者様の生活の質を維持するため、フットケアチームを中心に足の観察・ケア・ABI・SPPを行い足病変の早期発見・早期治療をめざしています。治療が必要な患者様は連携病院に紹介しています。また、外来透析だけでなく在宅透析や手術後のリハビリテーションが必要な患者様の受け入れを行っています。

2021年度 目標

  1. 安全な安心できる透析医療を提供する
    ・確実な感染対策行動を取り、感染源の持ち込みをさせない
    ・医療安全に対する職場全体の取り組みを強化する
  2. 良質かつ適切な医療を提供する
    ・各自が専門性を追求し、行動目標を立てて、実現に向け自己研鑽する
    ・重症化・悪化予防に努め、治療や生活の意思決定支援を行い、介護支援・ケアマネージャーとの関わなど、地域に広がる医療体制の確保を行う
    ・接遇意識を高め、信頼される看護を提供する
  3. 業務改善によるコスト削減に努める
    ・日常的に使用する医療材料に対するコスト意識を高める
    ・スタッフ同士(多職種)と協働し業務改善に努める
  4. 患者のスムーズな受け入れを行う

病棟(急性期一般)

師長 大嶋 美雪

 病棟は急性期病床56床(内科・外科・整形外科)の混合病棟です。内科、整形外科では、高齢患者様の割合が高く、誤嚥性肺炎や腰椎圧迫骨折、手術後のリハビリ目的の患者様が入院されています。嚥下障害の患者様には、適したお食事を提供し安全に食事摂取して頂けるように、医師・摂食嚥下看護認定看護師・薬剤師・管理栄養士と共に、栄養サポートチームで取り組んでいます。また、理学療法士と連携を図りながら入院生活から在宅復帰に向けてリハビリテーションを行っています。外科では、痔疾患の患者様が手術目的で入院されています。中でも、痔瘻患者様にクシャラ・スートラという治療を目的に県外から入院される方もおられます。患者様及びご家族様が安心して退院し日々の生活を過ごすことができるように、地域連携室と受け持ち看護師が密に連携を図り、社会復帰や転院調整を行っています。私たち病棟看護師はチームワークを大切にお互い協力しながら、患者様に安心・安全な入院生活を送って頂けるように、日々カンファレンスを実施し個々の患者様に適した看護が実践できるように努めています。

2021年度 目標

  1. 徹底的に感染予防・医療事故の防止、安全な医療・看護を提供する
  2. 認知症高齢者の尊厳を守り、持てる力を最大限に発揮して「その人らしい」生活が送れるように支援する
  3. 転倒・転落アセスメントを行い、患者様の危険の回避に努め、安全な入院生活を提供する
  4. チームカンファレンスを実施し、共通認識のもと、看護診断に基づいた統一看護を提供する

健診センター

師長 山田 京子

健診センターのスタッフは、保健師5名、看護師3名、事務職10名、アシスタント7名が協力して、各種健診(健診バス含む)、人間ドック、保健指導、健康相談、予防接種などを実施し、日々働く人々の健康支援に取り組んでいます。

2021年度 目標

  1. 新型コロナウイルスの感染を予防し、安全に健診業務を遂行するために、会場選定、手指消毒、換気、3密回避など、引き続き感染対策の徹底に努める
  2. 不二越従業員の健康管理対策として、健診の血液検査項目にクレアチニン、eGFRを追加し、早期治療の推進や適切な就業制限につなげる
  3. 不二越従業員のメンタル不全予防のために、健診時の問診票を有効に活用して積極的な働きかけを行い、タイムリーな健康相談を推進する
  4. 不二越健康保険組合の人間ドック受診当日の特定保健指導初回面談実施件数を増やす。併せて協会けんぽの健診受診当日の特定保健指導初回面談実施に協力する
  5. 海外渡航や県外移動など種々の要望に沿ったPCR検査の実施をすすめる。
  6. 2022年3月から稼働予定の「ハンディ健診」について、具体的な運用の準備をする。