看護部

概要・特色

看護部長あいさつ

看護部長 田中 公子

当院は富山市の中心に位置し、急性期病棟・人工透析センター・健診センターを有し、働く人の健康と、地域医療を担ってきた長い歴史のある病院です。
看護部では、職員一人ひとりが患者様やご家族との出会いを大切に患者様第一のチームワーク医療を行い、心のこもった看護に努めています。個々のスキルアップを図りお互いに切磋琢磨できる職場環境であり続けるため、小規模病院だからこそできる他職種連携をとり、院内外の研修に参加しています。
また、多様な「働き方」ができる勤務形態の導入、有給休暇、育児休暇、介護休暇の取得など、ワークライフバランスに取り組んでいます。

看護部の理念

かけがいのない生命と人間性を尊重し温かい看護をめざします。

看護部の基本方針

  1. 患者様一人ひとりを大切にした看護を実践します。
  2. 安全な医療・看護を提供します。
  3. 教育の充実をはかり、専門職として能力の向上に努めます。
  4. 個々のライフサイクルにあった働きやすい職場環境を作ります。

看護目標 2020年度

  1. 人材育成と自己啓発・自己研鑽の推進を図る。
  2. 接遇意識を高め、一人ひとりが病院の顔あるとの自覚をもち、親切で丁寧な看護を提供する。

教育体制

  • 院内では、研修委員が中心となり、年間計画に沿ってeーラーニングによる勉強会を開催しています。
  • 各種の資格を取得する事ができます。(管理者研修、認定看護師、NST専門療法士、透析看護指導看護師、透析技術認定士、消化器内視鏡技士など)
  • 看護研究においては、日頃の看護の中での疑問などに目を向け取り組んでいます。その成果を院内発表会や学会で発表し、看護の質向上を目指しています。

部署紹介

外来(手術室・中材含む)

師長 島真 知子

 外来は様々な勤務形態の看護師で構成されています。
育児休暇後の時短所得者・定年後の再雇用者・パートタイマー勤務者などそれぞれのライフサイクルに合わせた勤務ができる働きやすい職場です。内視鏡室では、消化器内視鏡技士の資格を取得し意欲を持って内視鏡業務に従事しています。私たち看護師は、外来部門全体が連携し、お互い協力し合い勤務しています。

2020年度 目標

  • 患者様が安心して受診して頂けるように、安全で確実な看護を実践する。
  • 接遇向上に努め、患者様に満足して頂けるようきめ細やかな対応をする。

透析センター

師長 高島 和代

当センターでは、医師、臨床工学技士と連携し、安全・安心な医療を提供できるように日々努めています。
患者様の生活の質を維持するため、フットケアチームを中心に足の観察・ケア・ABI・SPPを行い足病変の早期発見・早期治療をめざしています。治療が必要な患者様は連携病院に紹介しています。また、外来透析だけでなく在宅透析や手術後のリハビリテーションが必要な患者様の受け入れを行っています。

2020年度 目標

  • 安全・安心できる透析医療の提供、患者様のQOLの保持増進に努める。
  • 患者様が最良の治療選択ができるように、コミュニケーションを取り意思決定支援を行う。
  • 専門職として質の高い看護を提供するために、自己研鑽に努める。

病棟(急性期一般)

師長 大嶋 美雪

 病棟は急性期病床56床(内科・外科・整形外科)の混合病棟です。内科、整形外科では、高齢患者様の割合が高く、誤嚥性肺炎や腰椎圧迫骨折、手術後のリハビリ目的の患者様が入院されています。嚥下障害の患者様には、適したお食事を提供し安全に食事摂取して頂けるように、医師・摂食嚥下看護認定看護師・薬剤師・管理栄養士と共に、栄養サポートチームで取り組んでいます。また、理学療法士と連携を図りながら入院生活から在宅復帰に向けてリハビリテーションを行っています。外科では、痔疾患の患者様が手術目的で入院されています。中でも、痔瘻患者様にクシャラ・スートラという治療を目的に県外から入院される方もおられます。患者様及びご家族様が安心して退院し日々の生活を過ごすことができるように、地域連携室と受け持ち看護師が密に連携を図り、社会復帰や転院調整を行っています。私たち病棟看護師はチームワークを大切にお互い協力しながら、患者様に安心・安全な入院生活を送って頂けるように、日々カンファレンスを実施し個々の患者様に適した看護が実践できるように努めています。

2020年度 目標

  • 感染予防、医療事故防止を行い安全な医療看護を提供する。
  • 転倒、転落のアセスメントを行い、危険回避に努め安全な入院生活を提供する。
  • チームカンファレンスを実施し、共通認識を持ち、看護診断に基づいた統一看護を提供する。
  • 摂食嚥下看護認定看護師と他部門との連携を取りながら共に患者様が安心に摂食できるように援助する。

健診センター

師長 山田 京子

健診センターのスタッフは、保健師5名、看護師3名、事務職10名、アシスタント7名が協力して、各種健診(健診バス含む)、人間ドック、保健指導、健康相談、予防接種などを実施し、日々働く人々の健康支援に取り組んでいます。

2020年度 目標

  • 風疹の追加的対策の検体検査を事業所健診と併せて、引き続き多くの方にお受け頂く。
  • 特定保健指導の利便性を高めるために、人間ドック受診当日の初回面談実施を拡充する。